ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

公益社団法人 地盤工学会

〒112-0011 東京都文京区千石4丁目38番2号
TEL:03-3946-8677(代表)
FAX:03-3946-8678

地盤工学会 九州支部 事務局

テーマ選択

(7 テーマ)

行事のお知らせ
行事のお知らせ : 「トンネル技術者のための地盤調査と地山評価」講習会のご案内
投稿者 : ogawa 投稿日時: 2017-10-02 10:41:14 (82 ヒット)
地盤工学会会員各位

地盤工学会九州支部では,(一財) 災害科学研究所 トンネル調査研究会との共催で「トンネル技術者のための地盤調査と地山評価」講習会を開催いたします。

多数ご参加くださいますようご案内申し上げます。

地盤工学会CPD認定:5.3
平成 28 年 11 ⽉ 8 ⽇に発⽣した福岡市JR博多駅前の道路⼤規模陥没事故は、都市開発が進む⼀⽅で、国内のみならず海外からも注⽬を集める事態となりました。地盤⼯学会九州⽀部では(⼀財) 災害科学研究所 トンネル調査研究会との共催で標記講習会を開催いたします。
(⼀財) 災害科学研究所 トンネル調査研究会では、⽐抵抗探査および弾性波探査によるトンネル地⼭の事前調査に焦点をあてて、その有効性や⾼精度化ならびに解釈・評価の⾼度化を⽬指して研究を重ねてきました。それらの成果は、「地盤の可視化と探査技術(2001)」「地盤の可視化技術と評価(2009)」に取りまとめています。さらにその後も、施⼯段階調査としての切⽻前⽅探査にも焦点をあてて、合理的な事業の進め⽅や内容に関する事例調査・分析 および施⼯中のトンネルを利⽤した現地調査・実験を進めてきました。今回出版いたしました「トンネル技術者のための地盤調査と地⼭評価(2017)」では、事前調査から施⼯段階調査までを取り扱い、トンネル事業に役⽴つように、より広い視点から執筆いたしました。
本書の⽬的は、発注機関や受注機関に関わらず、⼭岳トンネル建設に関わるすべての技術者を対象として、トンネル建設の計画・設計・施⼯における地盤調査⼿法と地⼭評価⼿法について、最新の技術と具体的な事例を混じえて、系統的にかつ分かりやすく解説することにあります。特に、切⽻前⽅探査について、多くの紙⾯を割いています。
本講習会では、本書をテキストとして、研究活動成果を報告するとともに、特別講演を⾏います。コスト縮減を継続しなければならない社会情勢にあって、的確な地盤情報に基づいた調査・設計・施⼯を⽬指す関係技術者にとって有意義な機会になるよう企画しています。ご多忙中とは存じますが、奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。



■ ⽇時および会場
平成 29 年 11 ⽉ 28 ⽇(⽕曜⽇)10:00〜17:00(受付開始 9:30)
TKP 博多駅前シティセンター 8F 定員 130 名

■ プログラム (案)
10:00 - 10:05 開会挨拶 地盤⼯学会九州⽀部 安福規之
10:05 - 10:20 序章 (⼀財)災害科学研究所 松 井 保
10:20 - 11:05 第 1 章 トンネル事業における地盤調査 (株)キンキ地質センター 川﨑直樹
11:05 - 11:50 第 2 章 地質解釈と地盤評価 村橋技術⼠事務所 村橋吉晴
11:50 - 12:00 質疑応答
(12:00 - 13:00 休憩)
13:00 - 14:00 【特別講演】「福岡市七隈線陥没事故、あの時何が起こったのか。」(仮題)
九州⼤学 三⾕泰浩 14:00 - 14:45 第 3 章 地盤評価に基づくトンネル設計 (株)ニュージェック 深堀⼤介
(14:45 - 14:55 休憩)
14:55 - 15:40 第 4 章 トンネル施⼯時の地盤調査 (株)鴻池組 富澤直樹
15:40 - 16:45 第 5 章 トンネル切⽻前⽅探査 (株)フジタ 浅⽥浩章
⼤成建設(株) ⾕ 卓 也
16:45 – 16:55 質疑応答
16:55 – 17:00 閉会挨拶 地盤⼯学会九州⽀部 安福規之
※各章講師は変更になる場合があります。

なお,講習会委細のおよび申し込み要領はここをクリックして下さい。

参加申込:参加申込書(ここをクリック)に必要事項を記⼊の上、E-mail または FAX にてお申し込みください。

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。