支部からのお知らせ
支部からのお知らせ : 平成30年度地盤工学会北九州地区活動 「耶馬渓町金吉地区の大規模山地崩壊現場視察」のお知らせ
投稿者 : ogawa 投稿日時: 2018-10-04 14:30:45 (63 ヒット)
平成30年度地盤工学会北九州地区活動
「耶馬渓町金吉地区の大規模山地崩壊現場視察」のお知らせ

               主催:公益社団法人地盤工学会九州支部北九州地区
               後援:西日本工業大学、
                  大分大学減災・復興デザイン
                  教育研究センター

 平成30年4月11日午前3時40分ごろ、中津市耶馬渓町金吉地区において幅約160m、長さ(水平距離:堆積域含む)220m、最大深度約35mにわたって大規模な斜面崩壊が発生。崩壊により住宅4棟が土砂に埋まるなどし、6名の尊い命が犠牲となりました。本件で発生した山地崩壊は、地震や豪雨に伴う土砂災害とは違い、日常生活下で突如として発生した極めて稀な災害事案(無降雨時崩壊)です。現在、その崩壊プロセスやメカニズムについての解明が進んでおり、大分県は8月末に原因のメカニズムについて中間のとりまとめを発表しました。
 そこで地盤工学会九州支部北九州地区では、現在の現地状況や復旧対策工事を視察し、見学者の学術的知見を高め、今後の地盤防災や持続的で豊かな社会基盤づくりを目指すため、現場視察を実施します。会員,非会員に関わらずふるってご参加下さい。



見学場所:大規模山地崩壊現場の視察(大分県中津市耶馬渓町金吉)
日時  :平成30年10月25日(木)13時00分~17時30分
参加費 :無料(昼食はすませておいて下さい).
集合場所:JRおばせ西工大駅
      受付開始12時50分
      出発13時00分
解散場所:西日本工業大学(おばせ),17時30分ごろ解散
服装  :汚れても構わない服装
     サンダル、スカート&ハイヒールは禁止、帽子やヘルメットな   
     どの持参が好ましい
定員  :20名
交通  :バス(自家用車での参加はできません).
申込方法:参加希望者はEメールにてお申し込み下さい.お申し込みに際しましては必ずご氏名,ご所属,お電話番号,E-mailアドレスを明記して下さい.
申込期限:定員になり次第締め切らせて頂きますので,お早めにご連絡下さい.
申込先 :西日本工業大学
工学部 土木工学系 山本健太郎
E-mail:kyama@nishitech.ac.jp

印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。