投稿者 : xoopsjgs9shu 投稿日時: 2018-11-12 12:21:05 (19 ヒット)
This seminar is organized by the Japanese Geotechnical Society [JGS] Kyushu branch. Planning and management are carried mainly by students of Kyushu University, Nagasaki University and Kagoshima University. The seminar aims at providing an English discussion panel for university students and young researchers working within the Geotechnical Engineering field to mutually discuss and share their research and future plans. In addition, it aims at facilitating the cultural exchange among the local and international participants.
 Date: 15th December 2018 (Saturday)
 Venue: Daimyo 2-4-12 Chuo-ku, Fukuoka
CTI Fukuoka Building (Meeting Room A, 3rd floor)
 Schedule: 15th December 2018 (Saturday)
Time: 13:00 – 17:00

 Participation Eligibility: Japanese Geotechnical Society full or student members [recommended]
 Participation category: Oral presentation/Poster
 Important Dates:
Oral presentation/Poster registration deadline 23th November – 2018 (Friday)
1 Page abstract/Poster due to 7th December – 2018 (Friday)
Participation registration deadline 12th December – 2018 (Wednesday)

 Oral presentation: 5 minutes presentation + 1 minute discussion
All presentations and posters should be in English

 Contact Registration, submission and inquiries
E-mail: younggeotec@gmail.com
(Representative: Mr. ADEL ALOWAISY, doctor student of Kyushu University)

 Oral presentation/poster The seminar seeks papers related to the geotechnical engineering,
participation: where registration should be done as follows:
• Send the title and authors of the manuscript/poster to the contact e-mail younggeotec@gmail.com
• Registration deadline (23th November – 2018)

 1 page Abstract should be prepared by guidelines/sample. Secretary will send the form to presenters.

 Submission: Authors should submit the MS-Word file directly to the Young Geotechnical Seminar secretary on the following email address
Deadline: 7th December – 2018 younggeotec@gmail.com

 Participation: Please fill the participation application and submit it by e-mail to the
secretary.
Deadline: 12th December – 2018 younggeotec@gmail.com

 Participation fee: 1000 Japanese Yens [Oral presentation, poster and audience]
 Payment and deadline: Please pay at the reception desk on the day of the seminar.

投稿者 : xoopsjgs9shu 投稿日時: 2018-11-12 12:16:13 (28 ヒット)
第1回若手地盤工学セミナー in 九州を開催いたします。この若手地盤工学セミナー in 九州は、九州大学、長崎大学、鹿児島大学の3大学の学生が学生企画委員として運営を行います。本セミナーでは、地盤工学および関連分野を専門とする若手の研究者や技術者たちが,所属や年代など様々な垣根を越えて交流することと英語発表をする機会を設けることを目的としており、地盤工学・地盤力学にかかわる講演論文を広く募集いたします。みなさまの積極的なご応募とご参加をお待ちしております。

開催日程:2018年12月15日(土)午後(13:00~17:00の間)
会  場: 福岡市中央区大名2-4-12 CTI福岡ビル(A会議室・3階)
主  催:地盤工学会九州支部
開催までの主な日程: 11月23日(金)講演申込締切
           12月7日(金)講演概要提出締切
           12月12日(水)参加申込締切
発表方法:口頭発表(5分)、質疑応答(1分)、その後ポスター発表(発表は全て英語)
参加資格:地盤工学会正会員または学生会員が望ましい
お問い合わせ先:幹事 学生実行委員 e-mail :younggeotec@gmail.com (代表 長崎大学大学院 M1 出口資門)
<講演申込方法>
 地盤工学にかかわる講演を広く募集いたします.
 ■ 題目,著者を,e-mailにてお送りください.
 ■ 申込先: younggeotec@gmail.com
 ■ 申込期限: 2018年11月23日(金)まで
<概要原稿書式>
 英語と日本語を合せた概要をA4一枚で作成(講演申込者にメールでフォーマットを送付します)
<概要提出方法>
■ 提出形式:Word形式
 e-mailに添付してお送りください.
■ 提出先: younggeotec@gmail.com
■ 提出期限: 2018年12月7日(金)まで
<参加申込方法>
参加申込みのみの方は、名前と所属をご記入の上、e-mailにてお申込みください。
 ■ 申込先: younggeotec@gmail.com
 ■ 申込期限: 2018年12月12日(水)
<参加費>
 ■ 学生: 1,000円(発表者,参加者同額)
<参加費支払い方法>
参加費のお支払いは、当日支払いでお願いいたします。

投稿者 : ogawa 投稿日時: 2018-11-08 11:19:01 (31 ヒット)
平成30年度 第1回
「地盤工学会九州支部北九州地区ジオテクセミナー」ご案内
拝啓 
皆様にはご清栄にてお過ごしのことと拝察いたします。
さて、下記の要領にて「地盤工学会九州支部北九州地区ジオテクセミナー」を開催します。奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます(参加費無料)。本セミナー参加者にはCPD1.5ポイントが加算される予定です。
なお、参加予定者は11月16日(金曜)までにメールかファックスにて山本までご連絡いただければ幸甚です。
敬具
−記−
日時:平成30年11月20日(火曜日)16:20-17:50
場所:西日本工業大学 おばせキャンパス(苅田町)A棟 A407
講師:立石 義孝(西日本工業大学地盤工学研究所客員教授)
題目:大分県耶馬溪町金吉地区 山地崩壊原因究明等検討委員会の中間報告書について
概要:今回の崩壊の要因と機構について検討委員会の中間報告(8月28日)と記者会見では、過去に大規模な崩落により堆積した土砂層のすべり面の土質強度が低かったことや、地下水の上昇などで再び滑り落ちたとしている。また、機構については変質した凝灰角礫岩上面の土質強度が風化により徐々に低下し地下水位が上昇することで、すべりに対する抵抗が弱まり崩壊に至ったとの見解を示した。地下水の上昇を主因としているが、地下水の上昇した理由の見解は示されておらず不明である。本地域は平成24年7月11~14日と平成29年7月5~6日に、九州北部を中心に発生した集中豪雨の影響を受けている。この豪雨時に最も地下水(間隙水圧)が上昇し易い状況にありながら、当時、今回の崩落現場周辺では2回の豪雨においても大きな異変は発生していない。これらのことなどから崖錐堆積物である凝灰質地盤の特殊性における崩壊の持続的要因(素因)と加速的要因(誘因)等について概説する。

連絡先:西日本工業大学工学部 土木工学系 山本健太郎
Fax.0930-24-7900、E-mail: kyama@nishitech.ac.jp

投稿者 : ogawa 投稿日時: 2018-10-18 16:16:37 (83 ヒット)
公益社団法人 地盤工学会九州支部
特別会員・正会員・学生会員・国際会員の皆様

公益社団法人 地盤工学会九州支部

地盤工学会(本部)主催 2018年度「杭基礎の支持層確認と支持力確保」講習会
九州支部サテライト開催のお知らせ

拝啓 時下益々ご清栄の事とお慶び申し上げます。日頃より当学会の運営に関して多大なご協力を賜わり,厚く御礼申し上げます。
 さて,地盤工学会技術普及委員会において,会員サービスの一端として,学会本部で開催している講習会を支部等の拠点へ同時配信する検討が進められております。
このたび,標記講習会を下記の要領で九州支部にてサテライト開催することとなりました。今回は今後の本格導入へ向けた試行的な位置付けでありますが,学会本部の参加費よりも割安で聴講していただくことができ,CPDプログラムとしてG-CPDポイント(6.5単位)が認定されます。
是非ご参加下さいますよう,ご案内申し上げます。
                              敬具
              記
日時: 平成 30年12月13日(木)9:30~17:30
会場: CTI福岡ビル1階 D会議室
〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番12号 CTI福岡ビル1階
内容: 講義内容・講師等の詳細につきましては,下記のURLから学会本部開催案内をご覧下さい。
      https://www.jiban.or.jp/?page_id=4921
会費: 会員6,000円(消費税を含む)
注1)会員には,地盤工学会の個人会員,特別会員(法人・団体)所属者と地盤品質判定士(補)を含みます。
注2)会費は事後請求(サテライト講習会の終了後)とさせて頂きます。
定員: 20名(先着順:定員になりしだい参加申し込みを締め切らせていただきます。)
申込方法:氏名,勤務先,同住所,同電話番号,メールアドレス,会員/非会員の別を明記し,メールにてお申し込み下さい。地盤工学会会員の場合は会員番号をお知らせ願います。
     講習会申込専用アドレス:jgsk_jimu@able.ocn.ne.jp
問合せ先:
公益社団法人 地盤工学会九州支部(福岡市中央区大名2丁目4番12号 CTI福岡ビル1階)
E-mal: jgsk_jimu@able.ocn.ne.jp / TEL:092-717-6033
以上
☞ 参加お申し込みの前に必ず注意事項をご覧下さい。



支部サテライト開催へのお申し込みにあたっての注意事項:

1) 今回のサテライト開催は,今後の本格導入へ向けた試行的な位置付けで開催するものです。これまで学会本部~九州支部間で2回の同時配信テスト,9月26日には“2018年度第2回 宅地地盤の評価に関する最近の知見講習会『盛土の安定と宅地の液状化』”での東北支部サテライト開催を実施しており,講義および質疑応答もおおむね問題なく受信できることを確認しております。しかしながら,ネットワーク通信の問題等により,講義が聴きづらい状況になったり,受信が困難となったりする可能性も考えられます。その点を予めご了承願います。
2) ネットワーク通信の問題等により受信が困難となった場合には,やむを得ず途中で中止させて頂く可能性もございます。その場合,会費は請求いたしません。ただし,中止となった場合にはG-CPDポイントの認定はされませんので予めご了承願います。

                             以上

投稿者 : ogawa 投稿日時: 2018-10-04 14:30:45 (63 ヒット)
平成30年度地盤工学会北九州地区活動
「耶馬渓町金吉地区の大規模山地崩壊現場視察」のお知らせ

               主催:公益社団法人地盤工学会九州支部北九州地区
               後援:西日本工業大学、
                  大分大学減災・復興デザイン
                  教育研究センター

 平成30年4月11日午前3時40分ごろ、中津市耶馬渓町金吉地区において幅約160m、長さ(水平距離:堆積域含む)220m、最大深度約35mにわたって大規模な斜面崩壊が発生。崩壊により住宅4棟が土砂に埋まるなどし、6名の尊い命が犠牲となりました。本件で発生した山地崩壊は、地震や豪雨に伴う土砂災害とは違い、日常生活下で突如として発生した極めて稀な災害事案(無降雨時崩壊)です。現在、その崩壊プロセスやメカニズムについての解明が進んでおり、大分県は8月末に原因のメカニズムについて中間のとりまとめを発表しました。
 そこで地盤工学会九州支部北九州地区では、現在の現地状況や復旧対策工事を視察し、見学者の学術的知見を高め、今後の地盤防災や持続的で豊かな社会基盤づくりを目指すため、現場視察を実施します。会員,非会員に関わらずふるってご参加下さい。



見学場所:大規模山地崩壊現場の視察(大分県中津市耶馬渓町金吉)
日時  :平成30年10月25日(木)13時00分~17時30分
参加費 :無料(昼食はすませておいて下さい).
集合場所:JRおばせ西工大駅
      受付開始12時50分
      出発13時00分
解散場所:西日本工業大学(おばせ),17時30分ごろ解散
服装  :汚れても構わない服装
     サンダル、スカート&ハイヒールは禁止、帽子やヘルメットな   
     どの持参が好ましい
定員  :20名
交通  :バス(自家用車での参加はできません).
申込方法:参加希望者はEメールにてお申し込み下さい.お申し込みに際しましては必ずご氏名,ご所属,お電話番号,E-mailアドレスを明記して下さい.
申込期限:定員になり次第締め切らせて頂きますので,お早めにご連絡下さい.
申込先 :西日本工業大学
工学部 土木工学系 山本健太郎
E-mail:kyama@nishitech.ac.jp

投稿者 : ogawa 投稿日時: 2018-09-14 14:02:47 (74 ヒット)
2018年度 「技術士養成塾」模擬面接講座 開講のお知らせ

主催:(公社)地盤工学会九州支部


 九州支部では、2018年度の技術士第二次試験・建設部門「土質及び基礎」の合格者を対象に「技術士養成塾」模擬面接講座を行います。
 模擬面接講座では、受講者の受験申込書及び筆記試験の解答内容に対して、想定質問を準備し、面接本番を想定した模擬面接を行います。

【内容】
内 容)模擬面接(面接本番を想定した指導)
日 時)平成30年11月17(土)13:00~17:00
場 所)JR九州コンサルタンツ株式会社 5階会議室
    福岡市博多区博多駅東1-1-14
会 費)正会員5,000円,非会員10,000円(消費税含)
    (2018年度「技術士養成塾」筆記試験対策講座の受講者は3,000円)
申込期限)平成30年11月9日
     ※ 地盤工学会への入会(年会費9,600円/年)で学会誌「地盤工学会誌」(月刊)の購読等様々な特典があります。詳細は地盤工学会HPをご覧下さい。

申込み方法:受講希望の方は、氏名、勤務先、同住所、同電話・FAX番号、Eメールアドレス、会員(会員番号)・非会員の別、会費納入方法を明記の上、EメールまたはFAXにて、申込期限までにお申込み下さい。
電子メール申し込みの場合、表題(Subject)を「技術士養成塾模擬面接申込み」とし、jgsk_jimu@able.ocn.ne.jp宛てに送信下さい。

会費納入方法:
(1)現金書留
(2)銀行振込(西日本銀行赤坂門支店 普通預金口座番号:1134485、
名義:公益社団法人 地盤工学会九州支部)
(3)郵便振替
(口座番号:01760-3-41155、加入者名:公益社団法人地盤工学会九州支部)

◇模擬面接指導員(以下メンバーより受講者数に合わせて複数名指導予定)
(主査) 川口貴之  (建設部門)        【中央開発㈱】
(副主査)永松秀崇  (建設部門・応用理学部門) 【西日本技術開発㈱】
浅田浩章  (建設部門)        【㈱五省コンサルタント】
伊東周作  (建設部門)        【基礎地盤コンサルタンツ㈱】
宇都洋一  (建設部門・総合監理)   【応用地質㈱】
久保田史朗 (応用理学部門)      【八千代エンジニヤリング㈱】
田中淳   (建設部門)         【基礎地盤コンサルタンツ㈱】
西川剛一  (建設部門)        【(一財)土木研究センター】
原田克之  (建設部門・総合監理)   【川崎地質㈱】
村上昌彦  (建設部門)         【JR九州コンサルタンツ㈱】
盛田信広  (建設部門・総合監理)   【中央開発㈱】
山地孝昌  (建設部門・応用理学部門) 【川崎地質㈱】


申込み先:公益社団法人 地盤工学会九州支部
〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4-12 CTI福岡ビル1F
電話092-717-6033 FAX092―717―6034
E-mal: jgsk_jimu@able.ocn.ne.jp

投稿者 : ogawa 投稿日時: 2018-08-17 10:41:59 (156 ヒット)
「斜面の崩壊/落石災害対策における補強土防護擁壁の適用について 」技術講習会のご案内

平成30 年9 月19 日(水)に福岡県福岡市博多区にて、「斜面の崩壊/落石災害対策における補強土防護擁壁の適用について 」技術講習会が開催されます。
本講習会は補強土防護擁壁・ジオロックウォール工法協会主催で、公益社団法人地盤工学会九州支部、一般社団法人建設コンサルタンツ協会九州支部が後援しております。
講習会の冒頭では、『増加する災害に立ち向かう地盤防災技術』と題して、九州支部副支部長の九州大学 大学院工学研究院 社会基盤部門 安福規之教授のご講演が予定されています。
また、本講習会はGCPD認定プログラムです。
詳細は下記リンク及び技術講習会ご案内(PDF)をご参照の上、お申し込みください(参加料無料)。
会員の皆さまのご参加をお待ちしております。
http://georock.jp/news/

投稿者 : ogawa 投稿日時: 2018-07-10 12:08:13 (147 ヒット)
平成30年度地盤工学会九州支部 鹿児島地区活動
鹿児島県鹿児島地域振興局
道路整備(交付金)工事(黎明トンネル)現場見学会

主催:(公社)地盤工学会九州支部

地盤工学会九州支部鹿児島地区では、現場見学会を下記の要領にて開催
いたします。興味のある方は、会員・非会員にかかわらず奮ってご参加
ください。


日  時: 平成30年8月23日(木) 9:15 ~ 12:50
見学場所:鹿児島県いちき串木野市羽島265-1
①黎明トンネル現場事務所にて工事概要等の講義
②トンネル内の工事現場の見学
参 加 費: 無料
集合場所: 鹿児島中央駅西口貸し切りバス乗り場
      受付開始 9:00  出発 9:15
服  装: 現場見学ができる服装と長靴を準備してください。
(天候によっては雨具の準備をお願いします。)
定  員: 25名
交  通: 貸し切りバスを利用します。自家用車での参加はできません。
申込方法: 参加希望者はE-mailにてお申込みください。
      お申込みに際しましては
①ご氏名 ②ご所属 ③お電話番号 ④E-mailアドレス 
を明記してください。
申込期限: 定員になり次第締め切らせて頂きますので、お早めに
お申し込みください。

申 込 先: 鹿児島大学工学部海洋土木工学科 三隅浩二
E-mail:misumi@oce.kagoshima-u.ac.jp
T E L :099-285-8474

(1) 2 3 4 ... 7 »