投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2016-10-24 11:55:33 (558 ヒット)
2016年度 「技術士養成塾」模擬面接講座 開講のお知らせ 主催:(公社)地盤工学会九州支部 九州支部では、2016年度の技術士第二次試験・建設部門「土質及び基礎」の合格者を受対象に「技術士養成塾」模擬面接講座を行います。 模擬面接講座では、受講者の受験申込書及び筆記試験の解答内容に対して、想定質問を準備し、面接本番を想定した模擬面接を行います。 【内容】 内 容)模擬面接(面接本番を想定した指導) 日 時)平成28年11月19(土)13:00~17:00 場 所)JR九州コンサルタンツ株式会社 5階会議室 福岡市博多区博多駅東1-1-14 会 費)正会員5,000円,非会員10,000円(消費税含) (2016年度「技術士養成塾」筆記試験対策講座の受講者は3,000円) 申込期限)平成28年11月10日 ※ 地盤工学会への入会(年会費9,600円/年)で学会誌「地盤工学会誌」(月刊)の購読等様々な特典があります。詳細は地盤工学会HPをご覧下さい。 申込み方法:受講希望の方は、氏名、勤務先、同住所、同電話・FAX番号、Eメールアドレス、会員(会員番号)・非会員の別、会費納入方法を明記の上、EメールまたはFAXにて、申込期限までにお申込み下さい。 電子メール申し込みの場合、表題(Subject)を「技術士養成塾模擬面接申込み」とし、jgsk_jimu@able.ocn.ne.jp宛てに送信下さい。 会費納入方法:(1)現金書留 (2)銀行振込(西日本銀行赤坂門支店 普通預金口座番号:1134485、 名義:公益社団法人 地盤工学会九州支部) (3)郵便振替 (口座番号:01760-3-41155、加入者名:公益社団法人地盤工学会九州支部) ◇模擬面接指導員 (主査)村上昌彦 (建設部門)【JR九州コンサルタンツ㈱】(副主査)西川剛一 (建設部門) 【(一財)土木研究センター】浅田浩章 (建設部門)【㈱五省コンサルタント】伊東周作(建設門)【基礎地盤コンサルタンツ㈱】柿原芳彦 (建設部門・総合監理)【応用地質㈱】川口貴之 (建設部門)【中央開発㈱】久保田史朗 (応用理学部門)【八千代エンジニヤリング㈱】田中淳(建設部門) 【基礎地盤コンサルタンツ㈱】 永松秀崇(建設部門・応用理学部門) 【西日本技術開発㈱】原田克之 (建設部門・総合監理)【川崎地質㈱】盛田信広 (建設部門・総合監理)【中央開発㈱】山地孝昌(建設部門・応用理学部門) 【川崎地質㈱】 申込み先:公益社団法人 地盤工学会九州支部 〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4-12 CTI福岡ビル2F 電話092-717-6033 FAX092―717―6034 E-mal: jgsk_jimu@able.ocn.ne.jp

投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2016-10-19 10:12:55 (622 ヒット)
平成28年度 地盤工学会九州支部 特別講演会 日時:12月16日(金)15:00~17:00 場所:福岡大学中央図書館1階 多目的ホール 参加費無料 講師:天野玲子氏 (国立研究開発法人 防災科学技術研究所 審議役) (元地盤工学会 副会長) 講演題目:つなぐ防災 ~変わりつつある災害対応~ 講演内容:鹿島建設(株)で長年従事してきた土木の仕事や、防災科学技術研究所での研究開発現場における最新の技術の実践例を紹介 申込み方法:参加希望の方は、E-mail、往復はがきまたはfaxにて氏名、勤務先、同 電話番号、同fax番号を記入の上、12/12(月)までに下記へお申し込みください。 申込み先:地盤工学会九州支部 〒810-0041 福岡市中央区大名2-4-12 CTI福岡ビル2階 TEL:092-717-6033 FAX:092-717-6034 メールアドレス:jgsk_jimu@able.ocn.ne.jp

投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2016-10-05 09:58:17 (423 ヒット)
平成28年度 第1回 「北九州地区ジオテクセミナー」のご案内 拝啓  皆様にはご清栄にてお過ごしのことと拝察いたしております。 さて、下記の要領にて「北九州地区ジオテクセミナー」を開催いたします。奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます(参加費無料)。なお、本セミナー参加者にはCPD2ポイントが加算される予定です。 参加予定者は10月21日(金)までにメール・ファックスにて山本までご連絡いただければ幸甚です。 敬具 −記− 日時:平成28年10月25日(火曜)16:15-17:45 場所:西日本工業大学 おばせキャンパス(苅田町)D棟 D106講義室 講師:永川 勝久(基礎地盤コンサルタンツ㈱ 関西支社) 題目:阿蘇大橋地区地震災害にともなう地質調査 概要:平成28年4月16日に崩壊長約700m、崩壊幅約200m、崩壊土砂量50万m3の大規模斜面崩壊が発生した。当発表では斜面崩壊の概要を述べるとともに、斜面上部に残る不安定土塊の安定性評価、対策工検討のための基礎資料となる地質調査結果について報告する。地質調査は、被災の素因となる黒ぼく等の火山灰質粘性土層と岩盤緩み層の厚さ、性状(硬軟、亀裂状況、地下水等)、分布等を把握する事を目的とした。 連絡先: 西日本工業大学工学部 土木環境工学系 山本  Fax.0930-24-7900、E-mail: kyama@nishitech.ac.jp

投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2016-08-09 18:05:14 (529 ヒット)
平成28年度地盤工学会北九州地区活動「三菱マテリアル㈱九州工場 見学会」のお知らせ 主催:公益社団法人地盤工学会九州支部北九州 地区 地盤工学会九州支部北九州地区では,工場見学会を下記の要領にて開催致します. セメント銀座と言われますように,セメント工場や自動車産業が苅田港には集積して います. また,セメントは固化材として土木分野において,広範囲かつ頻繁に利用され続けて います. セメント製造工程や資源リサイクルに興味のある方は,会員,非会員に関わらずふ るってご参加下さい. プラントは見応えがあります. 見学場所:三菱マテリアル九州工場(福岡県京都郡苅田町) 日時:平成28年9月28日(水)15時00分~17時00分 参加費:無料(昼食はすませておいて下さい). 集合場所:JR苅田駅東口(海側) 受付開始14時45分 出発14時55分 解散場所:同上,17時00分過ぎに解散 服装:汚れても構わない服装、保護具などは準備していただけます.サンダル、スカート&ハイヒールは禁止 定員:20名 交通:バス(自家用車での参加はできません).工場内はバスで移動. 申込方法:参加希望者はEメールにてお申し込み下さい. お申し込みに際しましては必ずご氏名,ご所属,お電話番号,E-mailアドレスを明記 して下さい. 申込期限:定員になり次第締め切らせて頂きますので,お早めにご連絡下さい. 申込先 :西日本工業大学 工学部 土木環境工学系 山本健太郎 E-mail:kyama@nishitech.ac.jp

投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2016-07-22 13:36:54 (454 ヒット)
「長崎地盤研究会20 周年記念大会」のご案内 開催日時:平成28 年8 月26 日(金)13:30~17:30 会 場:長崎市立図書館 多目的ホール(長崎市興善町1-1) 参 加 費:講演会 ¥1,000(記念冊子代を含みます) 懇親会 ¥5,000 大会次第:13:00 開場 13:30~13:50 開会・長崎地盤研究会会長ならびに来賓の方々のご挨拶 13:50~14:50 講演①「長崎県の活断層と地震活動」 長崎大学大学院水産・環境科学総合研究科 准教授 馬越 孝道 先生 【講演概要】 長崎県の主要な活断層としては、島原半島から橘湾に至る雲仙断層群があ り、国の地震調査研究推進本部の評価では、最大でマグニチュード7.3 程度かそれ以上の 地震の発生も想定されています。長崎県は島原半島など一部の地域を除き地震の非常に少 ないところという印象を受けがちですが、果たしてそうでしょうか。本講演では、長崎県 内の過去の被害地震や最近の地震活動について、2016 年熊本地震のメカニズムにも触れな がら紹介します。 15:10~16:40 講演②「平成28 年熊本地震における地盤関連災害の事例とその検証 ~地盤工学会熊本地震地盤災害調査団の中間報告~」 佐賀大学 低平地沿岸海域研究センター 准教授 末次 大輔 先生 日本地研株式会社 調査解析部 部長 甲木 善徳 様 【講演概要】 先の平成28 年熊本地震においては、地盤にまつわる様々な被害が発生しま した。地震発生後、地盤工学会では調査団を結成し、これまで9 つのグループに分かれて 鋭意地盤関連の被災状況の調査に取り組んでいます。本講演では、斜面災害ならびに土構 造物の被災状況に焦点を当て、その特徴やメカニズムについてご報告するとともに、将来 長崎において発生しうる地震に備えるために必要な対応についても触れたいと思います。 16:50~17:20 講師を交えた質疑ならびに討論 17:20~17:30 同会副会長のご挨拶 閉会 18:00~20:00 懇親会(「宴家 そく彩」(五島町1-5)にて開催) 参加申込:ご参加をご希望される方は8/19(金)までに、E-mail もしくはFAX にて下記宛に、ご氏名・ご所属・ ご所属先の住所・電話番号・E-mail アドレス・懇親会ご参加の希望の有無をお知らせ下さい。(件名 に「長崎地盤研究会20 周年記念大会」と明記願います。) ※ご参加いただいたみなさまに、地盤工学会もしくは日本測量協会の継続教育参加証を発行する予定です。 <お申込み・お問い合わせ先> 〒852-8521 長崎市文教町1-14 長崎大学大学院工学研究科システム科学部門 TEL: 095-819-2618 FAX:095-819-2627 E-mail: s-sugi@nagasaki-u.ac.jp 杉本 宛

投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2016-07-14 11:38:06 (825 ヒット)
第100回「土の勉強会」のご案内 拝啓  皆様にはご清栄にてお過ごしのことと拝察いたしております。 さて,下記の要領にて第100回「土の勉強会」を開催いたします。皆様には奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。本勉強会参加者にはCPD2ポイントが加算される予定です。 敬具 −記− 日時:平成28年7月16日(土)10:00-12:00  場所:鹿児島市勤労者交流センター(愛称:よかセンター、鹿児島中央駅前ダイエー 7階) 第1会議室 講師:北村 良介(鹿児島大学名誉教授) 題目:北村・酒匂の土質力学(第9回:不飽和土の状態を変化させる駆動力(その2))  概要:不飽和土の状態を変化させる駆動力は温度・湿度・風・日射等の自然的力と盛土・切土・建設構造物の設置等の人為的力がある。今回は不飽和土中のピエゾ水頭に焦点をあて、ベルヌーイの定理の土への適用、土中水の流動、サクションの測定法等について考察を加える。 連絡先: 鹿児島大学大学院理工学研究科 海洋土木工学専攻 酒匂一成 Tel.099-285-8472   E-mail: sako@oce.kagoshima-u.ac.jp

投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2016-05-16 10:38:47 (410 ヒット)
第99回「土の勉強会」のご案内
拝啓 
皆様にはご清栄にてお過ごしのことと拝察いたしております。
さて,下記の要領にて第99回「土の勉強会」を開催いたします。皆様には奮ってご参加いただきますようお願い申し上げます。本勉強会参加者にはCPD2ポイントが加算される予定です。
敬具
−記−
日時:平成28年5月21日(土)10:00-12:00
 場所:鹿児島市勤労者交流センター(愛称:よかセンター、鹿児島中央駅前ダイエー 7階) 第1会議室
講師:北村 良介(鹿児島大学名誉教授)
題目:北村・酒匂の土質力学(第8回:不飽和土の状態を変化させる駆動力)
 概要:不飽和土の状態を変化させる駆動力は温度・湿度・風・日射等の自然的力と盛土・切土・建設構造物の設置等の人為的力がある。今回はこれらの力を定量的に評価するための物理量(サクション、浸透力等)と土の状態を規定する二つの独立な物理量(間隙比と含水比)の関係について考察を加える。

連絡先: 鹿児島大学大学院理工学研究科 海洋土木工学専攻
酒匂一成
Tel.099-285-8472
  E-mail: sako@oce.kagoshima-u.ac.jp

投稿者 : ゲスト 投稿日時: 2016-04-22 13:09:17 (1225 ヒット)
第8回 地盤工学における最近の課題に関するアジアジョイントシンポジウム
JS-TAINAN2016 論文募集のお知らせ
2016/11/4-5
地盤工学会九州支部

はじめに
 地盤工学会九州支部では,1997年よりアジア地域の地盤工学グループと数年おきにジョイントシンポジウムを開催してきました(上海:1997年,香港:1999年,ベトナム:2004年,大連:2006年,福岡:2009年,ソウル:2012年,沖縄:2014年)。このジョイントシンポジウムでは,アジア地域が抱える地盤工学的課題に関しての意見交換や問題解決に向けた相互協力を推進することで,東アジアネットワークを構築してきました。このたび,2016年11月に台湾台南市において台湾地盤工学会南部支部,国立成功大学との共催で,第8 回目となるジョイントシンポジウムが以下の内容で開催されます。 本シンポジウムの目的は,以下のとおりです。
 (1)地盤工学分野の研究者と技術者のスキル向上
 (2)アジア地域の研究と実務の相互理解
 (3)アジア地域を拠点とした地盤工学ネットワークの構築
 (4)地盤工学における最近の課題に関する意見交換

詳細は,下記のとおりとなっております。皆様ふるってご参加ください。

<日 程> 2016年11月4日(金)-5日(土)
<テーマ> Recent Challenges in Geotechnical Engineering(地盤工学における最近の課題)
トピックス:
  (1) アジア地域における地盤工学的問題
  (2) 地盤防災
  (3) 地盤環境
  (4) 地盤改良技術
  (5) 現地調査・現地計測技術
  (6) その他
<開催場所> 台湾・台南市・国立成功大学
<使用言語> 英語
<論文区分> 論文(査読あり,4~6ページ)
  報文(技術報告,事例報告)(査読無し,2ページ)
<各種締切日>
アブストラクト提出:6月30日(木)
 (1)論文タイトル,(2)著者名,(3)論文区分,(4)ご所属および連絡先を下記の申込み先までe-mailでご提出ください。
論文原稿提出:8月31日(水)
最終原稿提出:9月30日(金)

<申込み・問合せ先>
  地盤工学会九州支部
  〒810-0041 福岡市中央区大名2-4-12 CTIビル2階
  TEL:092-717-6033,Fax:092-717-6034
  E-mail: jgsk_jimu@able.oce.ne.jp

Bulletinは,下記URLからダウンロードください。
http://jgskyushu.jp/xoops/modules/JS-TAINAN/

« 1 2 (3) 4 5 »

地盤工学会 九州支部 事務局

〒810-0041 福岡市中央区大名2丁目4番12号 CTI福岡ビル
TEL:092-717-6033
FAX:092-717-6034
E-mail:jgsk_jimu@able.ocn.ne.jp 
受付時間:9:00-16:00 水・土日祝休

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録

公益社団法人 地盤工学会

〒112-0011 東京都文京区千石4丁目38番2号
TEL:03-3946-8677(代表)
FAX:03-3946-8678

テーマ選択

(2 テーマ)